今の自分を変えるってどういうこと?

リハートカウンセリングでは、「今の自分を変える」ということがテーマとして挙がっています。しかし、カウンセリングではよく言いますよね、「自分を変える必要はない」と。また、カウンセリングは相談者を変えるための誘導を行うのではなく、相談者のありのままを受け止める、という定義がありますので、それにも反しているように見えます。

実はリハートカウンセリングで謳っている「自分を変える」とカウンセラーが謳っている「自分を変える必要はない」の「変える」は意味が違います。

リハートカウンセリングでの「自分を変える」は「今の自分が嫌な人は、自分らしく生きることができていないことが原因だ。だから自分らしさを無意識に探しに行こう。そして、自分らしさを思い出し、自分らしく生きるためにどうするかを考えよう。」というものです。つまり、「本当の自分に戻ろう」ということなのです。「今の」という部分にその思いを込めています。

人間は環境によって変わっていきます。ものの考え方、性格なども表面的にはずっと同じではない人が多くいます。しかし、本質は変わりません。本質をしっかりと見つめることができている人は、幸せを感じながら生きることができます。

難しいことのように思うかもしれませんが、「問いかけ」を覚えれば、自分自身でもリハート(心の再構築)ができるようになります。ただ、理由が分からない状態なのであれば、まずはカウンセリングですね。カウンセリングの中で気づいていくでしょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP