メンタルヘルスの重要性

近年、企業でのメンタルヘルスが謳われるようになってきています。これは、厚生労働省がメンタルヘルスに対する指針を出し、推進しているためです。言い方を変えると、メンタルヘルスに対する対策を怠っている企業には厳しい措置をとっていく、ということになります。最近では過労死も問題となってきており、裁判でも被害者遺族が勝訴する判例も出てきています。

こういったことにより、企業側もメンタルヘルス対策は行っています、という姿勢を示す必要が出てきているのです。つまり、リスク管理の1つとしてメンタルヘルス対策が行われるようになっているのです。しかし、現状では健康診断と同じようなもので、やっていれば良いという感覚が多く、メンタルヘルスを最大限に活用できている企業は少ないように思います。

従業員のメンタルヘルス対策をなぜ行うのか、それは企業の利益のため、にならないと意味がありません。メンタルヘルス対策を行うことによって従業員1人1人の生産性を高める、これが本来あるべき姿です。現状では生産性が下がると減給、左遷、そして解雇といったように切り捨てる企業が多いように思います。それだけ企業に余裕がないとも言えますが、実にもったいないことをしていると感じます。それは、メンタルの部分での不調は誰にでも起こりうることで、新しい有能な人材を採用したとしても、また同じように生産性が下がり、解雇することになる可能性が高いためです。その負のスパイラルを改善することで、安定企業へと成長するのではないかと思います。

ここまでは企業側について述べましたが、個人に関しても同じことが言えます。自分自身の能力開発には積極的であっても、メンタルの強化に積極的な人はまだまだ少ないように思います。メンタルの強化というと「自分は弱い人間ではない」と思うかもしれませんが、強い弱いはあまり関係ありません。自分自身の能力を常に100%以上発揮するために、メンタルの強化が必要なのです。そして、心の波を出来るだけ小さくすることで、企業からの評価も安定し、重要な人材として待遇面のアップや管理職を任されることにも繋がります。

メンタルヘルス対策をしっかりと行っていない企業が悪い、と思うことは簡単ですが、結局は自分の身は自分で守らなくてはいけません。そして、充実した生活は自分自身で勝ち取るものです。そのために自分自身でメンタルヘルス、及びメンタルの強化を行っていくことが大切です。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP