メンタルヘルスが必要なケース

メンタルヘルスは様々なケースで必要とされますが、最も必要となってくるのは自分を責めるケースです。仕事を行うにあたって、いろいろな種類の悩みが発生しますが、転職しても解消できない類のものが厄介です。

自分を責めるケースというのは、責任重大な仕事、例えば人の生死に関わるような職場で起こりやすいです。一生懸命仕事を行っていても、ミスをすることはあります。しかし、ミスによって人の生死に影響を与えてしまった、となると罪悪感や後悔の念にかられて、精神的に立ち直れなくなることがあるのです。

また、そういった職場では、自分にミスがなかった場合でも、結果が良くなかった場合に「もっとできることがあったのではないか」と自分を責めてしまうこともあります。こういった職場を選択する方は、責任感の強い方が多いため、失敗によって自分を追い込んでしまうことが多いとも言えます。

メンタルヘルスでのカウンセリングはストレスケアにフォーカスしますが、ストレスには個人差が大きくあります。また、ストレスに感じることも人によって違います。どのように考えればストレスと上手く付き合っていくことができるかも、人によって違うのです。

自分自身を見つめ直し、どういったことがストレスに感じるのかを把握し、そして物事の本質を分析する力と客観的に物事を見る力を身につけることによって、上手にストレスと付き合っていくことができるようになります。

メンタルヘルスのカウンセリングでは、最終的にセルフコントロールできるようになることが重要です。ストレスは常に襲いかかってきますから。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP