メンタルトレーニングは自分らしく生きる訓練

メンタルトレーニングというのは、前向きな気持ちで日々の生活や仕事を送れるようにする、勝負どころでの集中力を高め、成功を掴めるようにする、というものです。

スポーツ選手などが取り入れている理由は後者ですね。大切な場面で120%の力を出せるかどうかで一流か二流が決まる、そういっても過言ではありません。

ただ、ここまで固く考える必要はありません。一般の方であれば心が乱れることを少なくし、平穏な生活がしたいなどで十分です。そして、メンタルトレーニングの醍醐味は、ニュートラルの時間をいかに保つか、という部分にあります。

このニュートラルの部分というのが、自分らしく生きている時なのです。心の昂ぶりや落ち込みのない、いわゆる自然体ですね。落ち着いていて客観的に周りを見渡せる状態にあります。

「メンタルトレーニングってどういったことをするの?」という質問が多いのですが、この質問が出ること自体メンタルトレーニングを勘違いしていると感じます。どういったことをするの?ということは特別なことをするイメージがあるということです。

しかし、自分らしく生きるための訓練と捉えると、自分を見つめる内観的なものとなります。

メンタルトレーニングで効果がある人とない人の違いは、自分をどれだけ見つめることができたか、と言えます。

そして、自分らしい考え方、捉え方ができるようになった時にメンタルが安定した状態になっている、メンタルトレーニングが成功した状態になっているのです。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP