ストレスは「自分らしくない」ことが原因?

ストレスを感じる時は、自分の思うようにならない時です。例えば、残業にしてもやりがいを感じ、その残業が必要だと思えれば特にストレスになることはありません。しかし、やりがいを感じない、そして意味が分からない残業であると、多くのストレスを抱えることになります。もちろん、自分自身の許容範囲を超えた残業もストレスになると言えますが、残業の中身も大切なのです。

これを全てひっくるめて「自分らしくない」と言うことができます。今回は残業を例に出しましたが、人間関係などでも全て同じです。「自分らしくない」ことをしているから不満に思い、そしてストレスが溜まるのです。まずは、「自分らしさ」を見つめ直し、「自分らしくない」ことを把握することが大切です。そして、「自分らしくない」状況の中で、いかに「自分らしさ」を出せるかがポイントです。もし、どうしても「自分らしさ」が出せないのであれば、環境を変えるしかありません。

まずは「自分らしさ」を知る、そして「自分らしくない」ことを知る、その上で「自分らしさ」をどうやって出すかを考える、「自分らしさ」が出せないなら環境を変える、このサイクルがストレス耐性を高める上で大切なことです。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP