カウンセリングと薬の関係

風邪をひいたときは、病院で薬をもらい薬を服用することで治します。正確には自然治癒よりも早く治すために服用する、ということですが。では、精神疾患の薬はどうなのでしょうか?

基本的には、精神疾患の薬のほとんどは、症状を抑えるためのものです。気持ちが沈んで家から出られないのを一時的に出ることができるようにしてくれる、夜寝ることができないのを一時的に寝ることができるようにしてくれる、そういったものです。

ただ、あえて文章の中に入れましたが、「一時的に」です。つまり、治すために服用するのではなく、症状の緩和のためです。

ここで問題となるのが、薬とは何なのかということです。もちろん、薬でしか治せない病気もありますが、多くの病気に関しては、薬は回復を助けるものでしかありません。

基本的には、自然治癒力で治る病気に関しては早く治すもの、自然治癒力で治らない病気に関しては症状を緩和するためのものです。精神疾患に関しては後者になるため、薬の服用だけで治すことは難しいのです。

そこで、薬の服用によって少し症状が落ち着いた時に、カウンセリングを受けるという手段があります。多くの方はカウンセリングは調子が悪い時に受けるもの、と考えがちですが、精神疾患のある方は調子が良い時に受けるとより効果的です。

調子が悪い時は、薬で調整する方が効果が高いでしょう。ただ、薬の服用に関しては医師に相談し、医師の指示に従うようにしてくださいね。

また、カウンセリングに関しても回復に向けてのカウンセリングと、吐き出すためカウンセリングを分けて考えると良いですね。回復に向けてのカウンセリングは自分を見つめ直すため、しんどい時は余計にしんどくなります。

そういった時は、吐き出してスッキリするためのカウンセリングをイメージすると良いですね。カウンセラーにその旨を伝えるのも1つの手段です。吐き出してスッキリできるイメージがある場合には効果的です。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP