カウンセリングで素直な自分になる

カウンセリングの中で、過去の出来事の認知を変えることでトラウマを和らげていく、という話を前回しましたが、今回の話も似たような内容になります。ただ、今回の話は「心を一から創り直しましょう」というものです。

そんなことできるのか?と思うかもしれませんが、できないことはありません。簡単に言うと、赤ちゃんに戻れば良いのです。赤ちゃんに戻るというのは、素直な自分になる、ということに繋がります。

赤ちゃんは、自分自身の欲求に素直です。何かをして欲しい時は泣いて知らせます。我慢というものはありません。しかし、人生を歩んでいく中でいろんな経験をし、そして人と関わることで我慢することも覚えます。

これは正常なことではあるのですが、必ずしも望ましい経験を積んできた方ばかりではありません。家庭環境や人間関係の中で、自分を全く出せなくなってしまった方などもいるのです。

こうなってしまうと、我慢することを覚えた、のではなく我慢し続ける人生になってしまいます。そこに「自分らしく生きる」ことができなくなってしまい、結果として精神的に不安定な状態になってしまうのです。

ここで赤ちゃんに戻りましょう、と言っているのは、自分がしたいと思ったことを全て吐き出すようにしましょう、ということです。我慢しなくても周りの人は受け入れてくれる、この感覚を身につけることが大切です。

「自分らしく生きる」ために、まず自分らしさを見つめ、開放することから始めましょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP