カウンセリングで溢れ出す言葉に耳を傾ける

通常誰かと話をする時には、自分の言葉を聞いています。しかし、それを意識していない時が多いです。それは話すことに必死になってしまい、自分の言葉に耳を傾けることができていないためです。

当然といえば当然ですよね。例えば、自分の考えを相手に伝えたい時、話ことに集中し自分が何を言ったか覚えていない、この方が自然です。

カウンセリングの中では、話すことに集中するのではなく、自分が話していることに集中します。つまり、自分が話している言葉に耳を傾けるのです。

そして、自分の中から溢れ出している言葉に耳を傾けている、この感覚になった時、新たな気づきを得ることができます。

初めてのクライエントから、「カウンセリングを受ける前に、何を話すか考えておいた方が良いですか?」という質問を受けるケースは多いのですが、私は「考える必要はありません。その時に話したいことをそのまま話してください。まとめる必要もありません。伝えようと思わなくていいですよ。」と伝えます。

話すことに集中すると、自分の話に耳を傾けられなくなってしまいますから。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP