カウンセリングで性格を見つめ直す

人にはそれぞれ性格があります。そして、その性格に対し、長所や短所として認識しているケースが多いです。しかし、性格をよくよく分析していくと、全てが長所でも短所でもないことが見えてきます。

長所や短所というのは、自分でレッテルを貼った結果です。仕分けみたいなものですね。これは長所、これは短所と自分で分けていくのです。

しかし、もし仮に第三者が性格を分析するとどうでしょう。全く違う結果になるかもしれません。どのように見るか、まさにそれしかないのです。

カウンセリングを受けると、自分が仕分けをした性格の理由が見えてきます。なぜこれを長所にしたのか、逆に短所にしたのか、という点ですね。そして、なりたい自分とのギャップが大きい時には、短所の中に大きなコンプレックスがあります。

このコンプレックスである短所を受け入れることができると、自分らしく生きるとはどういうことかが見えてきます。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP