カウンセリングで心の悩みを解放する

イメージの問題ですが、カウンセリングを問題解決するために受けようと思うと上手くいかないことが多いです。問題解決するという場合に、カウンセラーに問題解決してもらおう、という気持ちになりがちだからです。

カウンセリングは自分自身の心と向き合い、気づきを得る中で自分なりの答えを見つけていくものです。

カウンセリングに対し、多くのものを考えずに「心の悩みを解放する」ために受けようと思うと、比較的スムーズにカウンセリングを受けることができます。

「心の悩みを開放する」というのは、心の悩みが深刻になっていく過程の1つに、誰にも言えないというものがあります。誰にも相談できない中で、どんどん増大していくのです。

自分の中で大きく育ててしまった心の悩みを、自分の中から開放し外に吐き出す、このイメージが大切です。

今までの記事の中でもお伝えしてきた内容ですが、この開放した心の悩みを吐き出したままにするのが愚痴聞きで、見つめ直して整理しまた自分の中に戻すのがカウンセリングです。

こういったことをイメージすることで、モヤモヤやスッキリの理由が分かるようになります。すると自分自身でコントロールできるようになり、セルフコントロールが可能になります。ある程度は自分で対処できると気分的にも楽になりますね。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP