カウンセリングで心に柔軟性を持たせよう

悩みやストレスを抱え込んでいる方は、心の柔軟性がない、もしくはなくなってきていることが多いです。心の柔軟性というのは、分かりやすい表現をすると切り替えです。

Aがダメだった時に、「じゃあBに変更しよう」と考えるのか「もうダメだ」と考えるか、明らかに違いますよね。そんなことは分かっているけど…という方も多いと思います。しかし、実際にはできないと考えている方が多いのも事実です。

では、なぜ切り替えることができないのか、原因は「ゆとりがない」ことと「発想の転換ができない」ことになります。ゆとりがないと周りが見えなくなってしまい、ある事柄の成功か失敗かしか見えなくなります。となると、失敗した時に「失敗した」事実しか受け止めることができないのです。

発想の転換というのは、「想像力」や「思考力」、「分析力」などを駆使し、成功へと導くものです。日本人が苦手としている分野かもしれませんね。発想の転換は柔軟に対応しているように見えますが、実は結果を最重要視している合理的な手法です。

「○○を成功させる」という結果のために手段を選ばない、というブレない心を持っていることが必要なのです。

リハートカウンセリングでは、自分自身が気づいていない可能性を見つけるサポートを致します。可能性を見つけることで、今の自分を変えることに繋がります。今まで自分自身が気づいていなかったわけですから。気づくことで大きな可能性を見出すことができるかもしれません。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP