カウンセリングでパフォーマンスがアップする?

カウンセリングに心の悩みを相談に来られる方は、何を求めているのでしょうか?心が楽になる、問題解決の方法を見つける、自分が変わる、こういったことを求めています。

しかし、その先に何があるか、実はそれが最も重要なんですね。これがないとカウンセリングを受ける意義を感じないと思います。

それが、タイトルにもあるパフォーマンスのアップです。ここで言うパフォーマンスというのは、自分自身の行動です。日々の生活や仕事、恋愛、いろんな場面がありますが、各々での自分のパフォーマンスが向上する、これが本来の目的です。

現にカウンセリングの中で発せられる言葉として、「できない自分に劣等感がある、価値のない存在に思える」というものが多いです。これは無意識的にパフォーマンスをアップしたいということを述べているのです。

パフォーマンスアップのためにカウンセリングを受ける、そして行う内容というのが、悩みの解消に向けて自分自身を見つめ直す、ということなのです。

こう考えると、カウンセリングの対象者は無限に広がります。今の自分のパフォーマンスに満足していない方が対象とも言えます。満足いくパフォーマンスが発揮できていないということは、無理をしていたり心にブロックがかかっていたりします。

カウンセリングで無理のないありのままの自分を開放し、パフォーマンスをアップしましょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP