アドバイスに振り回されないためのカウンセリング

情報社会となる中で、いろいろな情報を簡単に収集できるようになっています。そして、サービスとしてもコンサルタントや占い、人生相談など、アドバイスをもらうことが出来るものが増えています。

情報は問題を解決するために利用するものですが、その情報に翻弄されているケースが少なくないのが現状です。

では、情報やアドバイスに振り回されないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか?まず、違ったアドバイスがあった場合に、どれが正しいかを考えることが多いでしょう。

ここで、「全部正しい」と思うことが大切です。ただし、もう1つ付け加えることがあります。それは「あなたにとって」です。つまり、「あなたにとって正しい」ということですね。

こう考えることで、「自分にとっては分からない」ということが分かります。それでも結局選択できないだろう?と思われるかもしれませんが、悩みは分からないことからきますので、「分からないことが分かる」だけでもスッキリして前に進めるものです。

そして、選択したアドバイス、情報が自分にとって心地良いかどうか、それによって自分に合っているかどうかが分かります。どんなことでも最初は無理して行うことが多いですが、習慣になればそうでもないですよね。

習慣になっても苦痛である時や、習慣にならない時、そのことは自分に合わない、心地良くないものと判断して良いでしょう。

ただ、なかなか自分ではできないものです。そして習慣にしていく必要があります。そこでカウンセリングの出番ですね。でも、ここで1つ疑問が出るかもしれません。

上記で「習慣にならない時は自分に合わないもの」と述べています。このことも習慣にならないのであれば自分に合わないのではないか?という発想です。確かにそれも一理ありますが、人間は基本的に知りたい生き物です。

人間の心理をついた部分に関しては、ほとんどの方が該当します。「個人の考え方」と「人間の心理」の違いによるもの、と言えます。

もし、情報に振り回されているという方は、一度カウンセリングを利用してみることをお勧めします。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP