「情」を燃やした「熱」で行動する

人が作った発明には、燃料を燃やして動くものが多く存在している。人間も然り、食べ物を食べて体内で燃焼することで動いている。しかし、人間は感情があり、動けるけども動かない時がある。

例えば、今回のような大震災が起きた時、行動したいけど行動しない人も多いはず。そういった時には食べ物という燃料ではなく、「情」という燃料が不足している。こう書くと行動しない人は「情」がない人と避難しているように思うかもしれないがそうではない。

「情」は人生の歩みの中で育てられていくもの。そして、その育ち方も生活している環境によって大きく違う。1つ1つの経験から少しずつ「情」が育っていく。そして、「情」が大きくなった時、「情」を燃料として行動することができるようになる。

「情」を育てるために重要なことは、感じること。1つ1つの出来事から、何か1つでも感じるようにする。それだけで「情」が育ち、その「情」を燃やして「情の熱」で行動できる日がくる。

その日まで、1日1日を大切に過ごし、1つでも多くのことを日々感じるようにしよう。

 

※熊本大震災の被災者の方にお見舞い申し上げます。1日も早く、安心して生活できるようになることを心よりお祈り致しております。

お試しカウンセリング実施中!

カウンセリング予約

通常の電話カウンセリングは完全予約制となっていますので、まずはこちらのフォームよりお申し込みください。

↓↓↓お試しカウンセリング実施中です↓↓↓

まずは一歩踏み出しましょう!自分らしく生きるためのカウンセリングを致します♪

スマートフォン・携帯電話に情報を送る

PAGE TOP