「しなくてはいけない」を「しなくてもいい」に変換しよう

「しなくてはいけない」という呪縛

人が生活していく中で、いろいろな選択肢があります。日常生活の中で言うと、「今日も晩御飯は何にしようかな」「コーヒーとお茶、どっちを飲もうかな」「明日は映画を見ようか、それとも家に居ようか」などですね。

こういった日常での選択では、特に答えない、自分の好きなように選択すればいい、そう思えます。例えば、「今日の晩御飯はラーメンを食べなくてはいけない」などとは思わないでしょう。

もし、仮に思ったとしたらどうでしょうか?晩御飯が美味しくなくなるでしょう。たとえラーメンが好きであったとしてもです。これが「しなくてはいけない」の呪縛です。「しなくてはいけない」というのは、選択肢を奪い心を縛ってしまう呪いの言葉です。

 

「しなくてもいい」という言葉で呪縛を解く

主に「しなくてはいけない」という言葉は、ビジネスシーンなどで多く使われます。この時の自分の心境を思い浮かべて見てください。

「明日は●時に出社しなくてはいけない」「このプロジェクトは○○しなくてはいけない」という時には、「したくないけどしないといけない」という心境です。それが縛られるということですね。

違うことをしようと思っているのに、縄で縛られて無理やり連れて行かれる、そんなイメージがぴったりです。誰かに「しなくてはいけない」と言う時には、相手を縄で縛って無理やり連れて行こうとしているのです。

この状態から開放してくれる魔法の言葉が「しなくてもいい」です。「しなくてもいい」と思っても結果的に大切なことと思うのであれば、自分の意思で行います。「しなくてもいい」という言葉の裏には「してもいい」という意味がありますから。

 

選択できる喜びをかみしめよう

ここで全く話が変わりますが、赤ちゃんをイメージしてください。赤ちゃんって自分の欲求だけで生きています。何かをして欲しい時は泣いて知らせる。「今はダメ」と言っても無駄ですよね。

これが人間の本能です。自分のしたいことをする、それが最も幸せなことなのです。

しかし、社会の中で生きていると、完全にそうすることは出来ません。もし、しようと思うのであれば、山に篭るか無人島で暮らすかしかないでしょう(笑)

しかし、自分で選択することはできます。それが「しなくてもいい」です。そして、自分で選択できる喜びを意識し、かみしめてみましょう。きっと、心地よい気持ちになりますよ。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP