かかりつけカウンセラーとして恋愛や人間関係、キャリアの電話(skype)カウンセリングを行っています【大阪・兵庫は対面応相談】

menu

電話カウンセリング【夜間専門】~リハートカウンセリング~

実際は電話での心のカウンセリングが多いです

行動を起こすのであれば何が一番しやすいですか?

現状に満足していない、逆に大きな問題を抱えている、誰かに相談したいが誰に相談すれば良いか分からない、そうこう考えているうちに精神的な面で大きなストレスが生じ、体調を崩してしまう、こういったサイクルは特に珍しいことではありません。

そして、その後心のカウンセリングを受けたり、心療内科に通院したりするわけですが、その時に最も起こしやすい行動は何でしょうか?

まずはメールですよね。メールで問い合わせをしてみるという行動が、最も起こしやすい行動です。しかし、メールの場合大きな問題があります。それはタイムリーではないことです。

例えば、今知りたいと思ってメールをしても、そのメールの返信がすぐにくるわけではありません。場合によっては数日かかるかもしれません。その時間の中で、メールの返信があった時には、すでに別のことを相談したくなっているかもしれないのです。

となると、メールは手軽に連絡できるようで、手軽に知りたいことが知れるツールではないと言えます。となると、何か?やはり電話ですね。電話が最も手軽に連絡できる手段です。

実際にカウンセリングを対面で受ける場合も、予約は電話で行う等あると思います。なので、電話は連絡の手段として手軽なだけではないの?となりがちですが、カウンセリング手段としても実は非常に手軽なのです。

カウンセリングで、クライエントが最もしたいことは何でしょうか?それは、話を聴いてもらうことです。中にはアドバイスが欲しい、という方もいるでしょう。しかし、アドバイスが欲しい方も、アドバイスをもらうためには話を聴いてもらうことが必要です。

つまり、話を聴いてもらいたくない方はカウンセリングを希望していないことが多いと言えます。

こうやって考えていくと、電話で十分ですよね。例えば、問い合わせる手段として電話することはできるが、対面でのカウンセリングとなると億劫なのであれば、全てを電話で完了するイメージを持って見てください。

もしかすると、違った感覚になるかもしれません。

 

心のカウンセリングを受ける時の三原則

これは心のカウンセリングに限ったことではありませんが、意識しておくと良いです。

 

●心のカウンセリングは受けたい時に

●受けたい手段で

●受けたいカウンセラーから受ける

 

ですね。この中でのポイントは、とにかく「受けたい」が多いことです。まずは「受けたい」という気持ちが3つないと、カウンセリングは上手くいかないことが多いです。

3つの「受けたい」を意識して、一歩踏み出しましょう。

お試しカウンセリング実施中!

関連記事

心に寄り添った電話カウンセリング

●誰か話を聞いてほしい

●日々の生活の中でずっとモヤモヤ、イライラがある

●職場の同僚や上司と上手くいっていない、疎外感を感じている

●彼氏(彼女)が何を考えているか分からず振り回されている

●ママ友の輪の中に入れない、入りたくないけど入らないと不安

●カウンセリングを受けたいけど、対面で受けようと思うと億劫になる

上記に当てはまる方は是非リハートカウンセリングを活用ください。

カウンセリング予約

通常の電話カウンセリングは完全予約制となっていますので、まずはこちらのフォームよりお申し込みください。

↓↓↓お試しカウンセリング実施中です↓↓↓

まずは一歩踏み出しましょう!自分らしく生きるためのカウンセリングを致します♪

スマートフォン・携帯電話に情報を送る